活用方法

採用実務の効率化

採用実務の効率化

一般的な学力検査・適性検査では、1時間以上の受検時間を必要とします。
3Eテストは、各テスト15分〜20分程の短い時間で終了。
実施企業側にも受検者にも負担を軽減させることができます。

また、面接と併用することで確認できる受検者の情報が増加。
手間や時間のコスト削減を実現します。

事例

■ 事例1

適性検査を3Eテストに変えて初期選考にかかる時間を大幅に短縮。
受検者の負担軽減にもなり、応募者の増加させ、活躍人材の獲得を促進。

業種:不動産 社員数:5,000名 詳しく見る
ページの先頭へ