エン・ジャパンの適性検査・適性診断、3Eテスト

活躍できる人財を発見する。見極める。3Eテスト

無料トライアル


3Eテスト スマートフォン・タブレットでの受検が可能に
活用方法へ

特徴1:活躍できる「人財」を発見し、見極める。

「大学入試偏差値」や「学校名」、「会社名」、「役職」といった“肩書き”だけでは、本当に優秀かどうか判断できません。知的能力や性格・価値観といった“中身”が重要。エン・ジャパンの適性検査・適性診断『3Eテスト』は肩書きに左右されることなく、採用・入社後に活躍できる人材=人財を発見し、その中身を見極めます。

「3Eテストの特徴」を見る

特徴2:短い検査時間で、実施企業と受検者の負担を軽減。

一般的な学力検査・適性検査では、1時間以上の受検時間を必要とします。長時間に及ぶ検査は実施企業側にも受検者にも負担です。『3E-IP』は35分ほどで終了。短時間で正確な検査結果を得られます。

「3E-IP」を見る

大学生の変化

文部科学省の報告によると、大学進学者の44%近くが、一般入試を受けずにAO入試や推薦入試などによって入学しています。単なる学科試験だけではなく、多面的な評価方法が根付きつつある現在、学校名や入試偏差値だけで知的能力を測ることは困難といえるでしょう。

「3Eテスト開発の背景」を見る

企業ニーズの変化

これまでのビジネス社会では、「知識の量」や「技能の高さ」、「指示や命令への従順さ」といった能力・適性が必要とされてきました。これからの時代に求められる人材像について、さまざまな調査・研究が行われています。日本経済団体連合会(経団連)の調査結果では、新卒採用の選考にあたって重視した項目で「コミュニケーション能力」が87.0%、「主体性」が63.8%となっている一方、「専門性」は9.9%、「一般常識」は7.4%。得意分野の有無や基本的な知識よりも、上司や同僚とコミュニケーションをとり、主体的に仕事に取り組めるかどうかが重要視されていることがわかります。

「3Eテスト開発の背景」を見る

適性検査のメリット

採用活動における課題のひとつが、応募者が自社で活躍できるかどうかを見極めるのに時間や手間がかかってしまう点です。適性検査・適性診断は合否判断にかかる時間を抑えながら、より選考精度を高めることを可能にします。
面接では、態度や行動から人物を推測することしかできず、自社で活躍するために必要な資質や性格(知能、性格、価値観、労働観など)を知ることは困難です。適性検査・適性診断と面接を組み合わせることで「活躍できる人材」を見極める精度が上がり、効率的な採用活動を行うことができるようになります。

「適性検査の利用メリット」を見る

適性検査の選び方

適性検査には様々なものがありますが、利用シーン・目的に合った適性検査を選択することです。検査時間の短いものや実施するタイミング・場所に適した形態を選択することで実施時の負担を下げることができます。適性検査は採用のみならず、入社後の育成やマネジメントツールにも活用できます。結果が見やすく、分かりやすいもので誰でも等しく検査結果を共有できるかどうかも、テスト選択の判断材料のひとつです。

「自社にあった適性検査とは」を見る

3Eテストとは
料金・検査時間
よくあるご質問
適性検査 3Eテスト 受検のてびき

セミナー情報

一覧へ

ニュースリリース

一覧へ